好きな音楽とか...
気まぐれに更新(2017.4.9)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

菜穂 Nao - ピアノ人   

Author:菜穂 Nao - ピアノ人   
MyHP : http://pianao.com

「Pianao」「WakuWaku」で活動中。

<Pianao>
羊毛のアクセサリー・小物雑貨、写真のポストカードなどを制作。アートイベントなどに出展しています。

<WakuWaku>
ピアノ兼作曲の菜穂を中心に、特定メンバーを持たずに活動する、アコースティック・インストゥルメンタル・ユニット。

*拠点が、東京から大阪に変わったため、新たにWakuWakuメンバーを募集しています!!(パーカッション、ドラム)
ご興味のある方、メールフォーム↓よりメールお願いします。

<オリジナル曲の試聴>
マイ・スペース(WakuWaku)

つぶやき

スケジュール

☆WakuWakuのライブスケジュールは、こちら。

☆Pianaoのイベントスケジュールは、こちら。


◇ Pianao取扱店 ◇

アンズ舎(カフェ・大阪)
Creema(通販)


*****************************
アートイベントには、アーティスト名「Pianao」で出展しています。
*****************************


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

ブロとも一覧


アンズ舎と。

calpia~*ハンドメイドアクセサリー&ジュエリーBlog

TOCA COCOLI    うつわさんぽ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ありがとうございます

ブログランキング

FC2Blog Ranking

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内最大

2010.12.23 00:20|



今月初め頃、梅田周辺を散策していたら、
建築中の変わった建物があって建物の名前が「チャスカ」とあったので、
いろんなお店が入るファッションビルにでもなるのかなぁ、
と思ってたら全部「MARUZEN&ジュンク堂書店」になるということでびっくり
チャスカの上は、マンションとホテルになるらしい。
で、最上階は結婚式のチャペルだそう


今日オープンしたので、早速ちょろっとのぞいてきました

地下1階~地上7階まで、8フロアあります(驚)
天井高いし、本棚の設置にも余裕があるのでゆとりがあってよい感じ

楽譜コーナーが結構充実してました
楽器屋さん並。


しかし、ジュンク堂。
梅田周辺に3店舗目です?!
他に紀伊国屋とかもあるし、来年には三省堂もくるらしい。

梅田周辺、大型書店だらけ


本屋好きとしては、とてもうれしい




myHP
http://pianao.com
スポンサーサイト

タイムマシンのつくり方

2010.07.09 18:05|

薦められて読んだ、広瀬正さんの小説。
結局、小説全集を全巻読んでしまいました
といっても、6巻ですが。


1.マイナス・ゼロ
2.ツィス
3.エロス
4.鏡の国のアリス
5.T型フォード殺人事件
6.タイムマシンのつくり方


広瀬さんは、若くして亡くなってしまったので、
作品が少ないのが残念・・・


ジャンル的には、SF・ミステリーものになるのでしょうか。
今までSFものは、読んだことがなかったし、
前知識が全くない状態で読んだので、
とても新鮮で楽しかったです


読んでいて、この人(広瀬さん)って
すんごい頭いいんだなぁ~、というのが最初の印象です。


東野さんもすごいなぁ~、と思ってたけど、
また全然違うタイプのすごいなぁ~、って感じです。


広瀬さんは、東野さんと違って終わり方があっさりなので、
気軽に読めてよいかも。
東野さんに慣れてたので、最初ちょっと物足りない感じもあったけど。


6巻の中で、私のお薦めは、マイナス・ゼロ!
あと、T型フォード殺人事件は、終わり方がなんか好きです。
タイムマシンのつくり方は、短編(短いのは1ページとか?!)集なので、
ちょこちょこ読めてよいです。


次にまた読み返したら、また最初とは違った読み方ができそうな
小説なので、またいつか読もうと思います。



次は、そろそろまた東野さんでも読もうかな。

寺尾聰さんが主演した、映画版「さまよう刃」が前から気になってます
小説のほうはもう読んでて、今まで読んだ小説の中で一番ずっしりと
重いもの残していった作品です。観たいなぁ。




いつも思うのですが、こういう人の頭の中ってどんなんなんでしょうね?
一度、見てみたい。
というか、お友達になってみたいもんです。









myHP
http://pianao.com

出会い

2009.01.25 00:52|

面白い本を読んでいると、早く先を読みたくなるもんで。
早く読みきりたいけど、最後のほうになってくると
もっと続いてほしいと思ってみたりもする。
出会いがあると、別れもあります。


さっき一冊の本を読み終えました。


もともと特に読書が好き、というわけではなく
こんなに読書にはまるとも思っていなかったです。

これも偶然の出会いから始まったもので


さっき読み終わった本の中(実話)で、主人公は
いろんな人に出会い→別れ、の繰り返しで、
自分も同じ気分になって読んでました

続編みたいのもまだまだあるので、
また明日にでも買って読もうかと思ってます


自分もこれからもっといろんな人やいろんなものに
出会っていきたいですね
じっとしていても、出会いはやってこない。
受け身で生きてる人が多いなぁ、と今日駅の階段を
上りながら、ふ と思った。
受け身でも十分生きてける世の中なのでしょう。
でも、自分は受け身だけでは生きていけないみたいで・・・


人生は、出会いの芸術だー


と、また実感した日でした。




myHP
http://pianao.com

ボクの音楽武者修行

2009.01.22 13:08|

指揮者の小澤征爾さんの本を読みました

音楽好き、旅行好きの私としては
とても面白かったです

小澤さんが26歳の時に、書かれたもので
今の時代みたいに便利ではないので、
船で何日もかけてヨーロッパまで行きスクーターで一人旅
それだけで、何だかわくわくですね


もちろん、小澤さんなのでただの旅ではなく、
音楽修行のための旅なわけで。
この本を読んで、音楽家の中で指揮者というポジションが
一番大変なのではないか?! と思いました。
指揮者がどういうことをやっているかとか、
お国柄がオーケストラの演奏に出ることとか、
小澤さんの人柄とか、
やっぱ出会いって大切だなぁとか、
いろいろわかって面白かったです


小澤さんらしき人と、昨年すれ違ったことがありますが、
実際に小澤さんの演奏はまだ聴いたことがないので、
一度聴いてみたい!!





myHP
http://pianao.com

星の王子さま

2008.12.25 01:38|

知ってはいたけど、そういえば読んだことがなかった?!

この間、カフェに行ったら絵本が何冊か置いてあり
その中に『星の王子さま』があったので読んでみました
いいお話ですね
またちゃんと読んでみたいです

あと、『おおきな木』もよかったですわ




で、今日生徒さんの第一声が(私の髪形を見て)

「わぁ、星の王子さまみたい」


そして、母親には

「男の子が立ってるのかと思った」

と。



星の王子さま公式ホームページなんぞありました↓
http://www.lepetitprince.co.jp/




myHP
http://pianao.com

手紙

2008.07.10 00:58|

前略 お元気ですかー?


久々に東野さんの小説読みました
やはり最後に何か重たいものを残していってくれます


そして、いつも読んでて思ってしまうのが。
小説って読むことによって自分のためになるのか?

なってるような、なってないような・・・

読んでる時間をほかの事に使ったほうがよいのでは?
と思ってみたり。

まぁ、何だかんだ言って読んでしまうわけで。





差別や偏見のない世界

そんなものは想像の産物でしかない

人間というのは、そういうものとも付き合っていかなきゃならない生き物なんだ




myHP
http://pianao.com

マカロニの穴のなぞ

2006.12.05 23:22|


図書館でたまたま見つけ、タイトルに惹かれた

マカロニの穴のなぞ』(著/原研哉)という本を読んでみました

3ページくらいの文章がいくつも書かれています。



「ピラニアの味」



という、タイトルの文章の冒頭が



釣りの趣味はないのだが、一度ピラニアを釣ってみたいという衝動に

かられて、妻と二人で、アマゾンのアリアウ・ジャングル・タワーという

宿泊施設に滞在したことがある。




え?! ほんとに行っちゃうんだ・・・w





この本を読めば「マカロニの穴のなぞ」が解けます?!

そして、ピラニアのお味もどんなものかわかります?!



興味のある方は、是非一読を!!

(文字も大きいし、とても読みやすいですよw)









myHP

http://www3.to/mf-nao



ゆっくり大人になりなさい

2006.11.20 01:41|


図書館でたまたま手に取った『グリコのおもちゃ箱』という本を

ぱらぱらとめくってみたら、カラフルでかわいいおもちゃたちが

グリコのおもちゃに思い出があったり、興味があったりした

わけじゃあないけど、借りて家でじっくり見てみました~



1987~1993年に、グリコのおまけのおもちゃを260点もデザインした

加藤裕三さんという方の本で、その内の170点のおもちゃを紹介してるのです!



すごくシンプルなデザインなのに、

かわいくて、おもちゃとしてもちゃんと遊べて。

実物を見たことないので、見てみたいですねぇ



なんかこんな記事がありました↓

(ネットオークションでは2000円以上で取引されてるみたいですよ?!)

「グリコのおまけ」の最高傑作とは?





で、こんなところ↓があるらしいので行ってみたい

有馬玩具博物館



ちょっと遠いけど・・・







my HP

http://www3.to/mf-nao



宿命

2006.10.26 04:46|


東野圭吾さんの『宿命』読み終えました

東野作品5冊目!!!



初めのうちは、ちょびちょび読んでいたのですが・・・

やっぱり途中から一気に読んでしまいました



今まで読んだ作品の中で一番「やられた」作品かも。

最終章でいろいろな真実が見えてくるのですが・・・やられました



東野さんの作品は、推理小説系が多いのですが

ただ最後に犯人がわかる、だけじゃ~ないんです

いろんな事件や物事が絡み合い、最終的に犯人はもちろんわかるのですが

他にもいろいろな真実がみえてくるんですよ。



この本は、『変身』という作品につながっているらしいです。

ということで、次は『変身』を読むことになるでしょう





-「宿命」を辞書で調べると-



前世から定まっており、人間の力では

避けることも変えることもできない運命。宿運。






「宿命」って本当にあるんでしょうか??







http://www3.to/mf-nao


4冊目!!

2006.10.02 02:16|


東野圭吾さん作の『卒業』を読み終えました

東野作品4冊目でっす!



今回もまた今までと違った感じでおもしろく読めました

今回はあんまりドロドロ系じゃないのかなぁ、

と読み進めていたのですが、やっぱドロドロ系でしたよ・・・



その人のことを「わかっている(理解している)」と思っていても、

実際は「わかっているつもり」なだけなんですかね・・・

人間って不思議だぁ



ドロドロした作品ばかり(?)作っている東野さんって

いったいどんな人なんだろうと、ふと思ってしまった

まぁ、実際に会ってみなけりゃ、わからんだろう







(またマウスポインタで遊べるスキンに変えてみました↑)





http://www3.to/mf-nao


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。